Raycraft racing service

2010年6月5日

Ninja250R プラグインECU

ついに届きました。Ninja250R用のプラグインECU!

M232_KW

当サイトでの正式リリース前にこっそりご紹介しちゃいます。


裏までグリーン

まるで抹茶キャラメルのようなおいしそうなルックス。

そうなんです。Ninja250R用のプラグインECUは何と本体がライムグリーン、そして、裏を返すと流し込んである樹脂までもがグリーンと、ライムグリーン・フリークにはたまらない仕上がりになっています。


p2010_0604_170819.JPG

そして、当然のことながら、プラグインECUだから、純正のECUをはずして付け替えるだけで装着完了。本体サイズも純正ECUとほぼ同じだから、トレイ側の耳を一箇所取り除けば納まりも問題なし。

p2010_0604_180651.JPG

さて次はいよいよ汎用ECU導入の儀式。ドキドキの火入れ。


p2010_0604_170714.JPG

と思ったらあっさり、あまりにもあっさり、ブルンとエンジンがかかりました。ちょっと気が抜けました。

いくらプラグインECUとはいえ、”こんなに簡単にエンジンかかっちゃっていいの?!?!?”   いいんです。これがプラグインECUの極意なのです。

ソフトウェアも、ビギナーにピッタリな”USER”と、もっと突っ込んでセッティングしたい方のための”PRO”の2タイプが用意されています。

d.JPG

ae

詳しい仕様、価格は近日中に当サイトの”Products”と”News”のページで発表予定です。

そんな正式リリースまで”待てない!”という方は、mail@raycraft.jp まで直接お問い合わせ下さい。