PAGETOP

データロガー・汎用ECUの販売、レーシングマシンの計測、エンジンのマネージメントシステムの開発請負、レースのコンサルティング

Raycraft racing service

HOME > News

News

2018年11月17日

ウェブサイトをリニューアル致しました

ウェブサイトをリニューアル致しました。

トップページのボタン配置やメーカー別の製品情報などこれまで以上に見やすい、わかりやすいウェブサイトに生まれ変わりました。

今回のリニューアルでは、スマートフォンやタブレット端末等からも利用しやすいマルチデバイス対応に致しました。

また、お客様からのご相談やお見積・ご注文などを受けたまわるお問い合わせページも刷新致しましたのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

新製品情報なども順次更新し、より一層充実した内容にしてまいりますので、今後とも引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年12月21日

ワークショップを移転致しました

レイクラフト・レーシングサービスは2017年12月にワークショップを移転致しました。

これまで別の場所にあったオフィスとワークショップを統合し、心機一転、今まで以上にお客様のニーズにお応えできるよう努めてまいりたいと思います。

今後とも引き続きご愛顧の程よろしくお願い申し上げます。

これまで同様、定休日などは設けておりませんが、レーシングサービス等で不在となる場合がございますので、お越しいただく際にはあらかじめご連絡いただければ幸いです。

 

新住所: 〒243-0023

     神奈川県厚木市戸田1423-1

TEL : 046-200-7490

FAX : 046-200-7491

Email:  mail@raycraft.jp (変更なし)

 

 

 

新製品2013年2月7日

待望のマイクロテック “プラグイン“ECU M270R-GP3  MFJ公認部品に!

このたびレイクラフト・レーシングサービスでは2013年1月25日付けでマイクロテック社のM270R-GP3を全日本ロードレースのGP3カテゴリー用のECUとしてMFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)より公認を受けました。

今回MFJの公認を受けましたM270R-GP3は、NSF250Rユーザーにとって待望のECUとなります。
なぜなら、このECUはノーマルのECUをリプレイスするだけで使用できる“プラグイン”ECUだからです。
面倒な配線の作製や追加工をすることなく、また、ノーマルのハーネスを切り貼りすることなくスマートに取り付け出来る画期的なECUです。

2012年シーズンより全日本ロードレース選手権で開催されている新カテゴリーのGP3では、MFJより公認を受けたECUのみが使用できるレギュレーションとなり、レイクラフトでは昨年よりM232GP3を販売してまいりました。
M232GP3は汎用性が高く、NSF250Rだけでなく輸入車等を含めた多様な車両に対応したECUとしてご好評頂いておりました。
しかし、圧倒的にNSF250Rユーザーの多いGP3カテゴリー向けに、イタリア・マイクロテック社と更なる開発を進めてきました結果、ついに“プラグイン”という形で新型のECUをご提供できることとなりました。

このECUは、M232GP3に盛り込まれたGP3マシンの用途に最適な機能をすべてキャリーオーバーし、Honda NSF250Rに最適な仕様となっております。

詳しい仕様などに付きましては下記Productsページにてご確認ください。
http://www.raycraft.jp/products/microtec/
問い合わせ、お見積、ご注文はレイクラフトまたは下記取り扱いディーラーまで。
レイクラフト・レーシングサービス
担当: 原澤 TEL/FAX 046-225-6284
email: mail@raycraft.jp
[東北・関東]  フクダテクニカ  
担当: 福田  TEL: 022-349-8770
email: fukuda@idcom.co.jp
http://www.fukuda-tec.com/
[中国・四国]  K0(ケーゼロ)エレクトロニクス
担当: 笠井   TEL: 080-2998-4083
email: kasai@tamtec.co.jp
[ 九 州 ]  アラタカデザイン   
担当: 荒瀬   TEL: 0942-77-5730   
email: aratakadesign@yahoo.co.jp
http://blog.eigyo.co.jp/arataka/
新製品2012年4月27日

マイクロテックECU M232GP3 MFJ公認部品に!


このたびレイクラフト・レーシングサービスでは2012年4月27日付けでマイクロテック社のM232GP3を全日本ロードレースのGP3カテゴリー用のECUとしてMFJ(日本モーターサイクルスポーツ協会)より公認を受けました。

2012年シーズンより全日本ロードレース選手権で開催されることになった新カテゴリーのGP3では、MFJより公認を受けたECUのみが使用できるレギュレーションとなり、レイクラフトではこれに向け昨年よりイタリア・マイクロテック社とECUの開発を進めてきました。

このECUはGP3での用途に最適な様々な機能を盛り込み、Honda NSF250Rはもとより、GP3に参戦可能な輸入車にも対応可能な仕様となっております。

詳しい仕様などに付きましては下記Productsページにてご確認ください。

お問い合わせ、ご注文はレイクラフトまたは下記取り扱いディーラーまで。
レイクラフト—TEL/FAX: 046-225-6284  mail@raycraft.jp
K0(ケーゼロ)エレクトロニクス—kasai@tamtec.co.jp

新製品2012年3月23日

NSF250Rに最適な2Dデータロガーのご紹介

レイクラフトでは2011年シーズンより、高品質ながらローコストのデータロガー“GPS memory Lite”と、コンパクトなラムダアンプ内蔵のデジタル/アナログチャンネル増設用の“エンジン インターフェイス ボックス”を販売しご好評を頂いております。
motoGPで培われた2Dのテクノロジーが凝縮されたこのデータロガーは、超小型なボディに他の競合品の追随を許さない高い信頼性と性能、そして何より解析能力の高さに定評のある解析ソフトウェアもセットされており、お求め安い価格となっています。
このデータロガーはレイクラフトでのみご購入頂ける限定商品です。
今シーズンより開幕されるJ-GP3車両に最適な“GPS memory Lite”をぜひご検討ください。

新製品2010年11月19日

NEMESIS シフターレバー 好評発売中です!

ドゥカティ用のプラグインECU M197をご検討中の皆様。 こちらのシフターも合わせて是非ご検討下さい。
 
 

新製品2010年11月13日

イタリアのスターレーン社製電装部品の取り扱い開始しました

このたび、イタリアのスターレーン社製電装部品の取り扱いを開始致しました。

スターレーン社は、モトGPなどのレーシングの分野での経験と実績に基づいた製品開発を行ってきているユニークな電装系部品メーカーです。

今回ご紹介する製品は、スターレーン社が長年のレース現場での実績をフィードバックして開発したオートシフターとドゥカティ専用のGPSラップタイムレシーバーで、レースユースからストリートユースまで幅広くお使いいただけるコストパフォーマンスの高い製品です。 シフターは使ってみたいが、なかなか良い部品が見つからないとお悩みのライダーの皆様。是非スターレーンのオートシフターでシフターの醍醐味を堪能してください。

新製品2010年9月27日

マイクロテック社より新たに発売された“プラグインECU”、4機種5モデルの販売開始

レイクラフト・レーシングサービスでは、イタリアのマイクロテック社より新たに発売された“プラグインECU”、4機種5モデルの販売を開始いたしました。

マイクロテック社は、これまでも汎用ECUはもとより、MVアグスタ用ECUであるM191や、DUCATI用ECUのM197などの手軽に導入できる一方で非常に高いパフォーマンスを発揮する“プラグインECU”を世に送り出してきました。そのマイクロテック社が、これまで培ってきたプラグインのノウハウをさらに大きく展開し、このたび新たに4機種5モデルもの新型ECUを発売いたしました。

今回発売されたECUでは、私たちレイクラフトがレースの現場から得た経験や、お客様のご要望から得た内容をもとに、プラグインECUに実際に必要とされる様々な制御やファンクションを数多くマイクロテック社に提案し、ECUのパフォーマンスや、ソフトウェアの使い勝手が大幅に向上しました。

マイクロテック社のプラグインECUで新しいECUの世界を是非ご体験いただければと思います。

新製品2009年9月21日

マイクロテック社の正規ディーラーとなり、製品の取り扱いを開始しました

このたびレイクラフト・レーシングサービスではイタリアのマイクロテック社の正規ディーラーとなり、製品の取り扱いを開始いたしました。

マイクロテック社は、往年のアプリリアGPワークスライダーである社長のロリス・レッジャーニ氏と彼の ワ ークスライダー時代のアプリリアのエンジニアで、現在はマイクロテック社の社長兼エンジニアであるニーノ・バンディエラ氏が1997年に設立した会社で、バンディエラ氏の10年にわたるアプリリアのレーシング部門でのエレクトロニクスに関する開発経験を元に、レース用マネージメントシステムの開発・製造をはじめとし、自動車用インパネ、インバーター、UPS、CDIユニットなどのハイテク工業用エレクトロニクス製品を製造しています。

マイクロテック社は、その卓越した開発能力と、ユニークなアイディア、顧客の要望への対応力の速さから、ヨーロッパではアプリリア、KTM、AGUSTAなどのメーカーの車両開発の試作段階でのECUの開発を担当することが多く、量産車両にもそのECUは数多く採用されています。

また、レースの分野では、GPクラスのアプリリア、KTMの125cc、250ccにそのECUが搭載されています。

2009年3月30日

「マグネッティ・マレリ・モータースポーツ」正規ディーラーとなりました

magnetimarelliこのたびレイクラフト・レーシングサービスは、二輪・四輪を通じて国内初の「マグネッティ・マレリ・モータースポーツ」正規ディーラーとなりました。

マグネッティ・マレリ社の電装部品、特にECUは世界のモータースポーツをリードする高い性能と信頼性を有しており、数多くの有力チームが採用しております。これまでファクトリーチームや有力チームのみが享受していたこの製品を日本のユーザーの皆様にご紹介できることを大変嬉しく思っております。また、私共はディーラーとしてユーザーの皆様からのご要望を、的確かつ迅速にメーカーにフィードバックし、更なる製品性能の向上に努めて参れるものと確信しております。

また、同社の製品は車両メーカー様、部品メーカー様その他開発部門の皆様の開発ツールとしてご活用いただくのに最適な製品であり、レイクラフトではレースおよび自動車開発現場での経験と実績に基づき、様々なユーザー様の要求・用途に合わせたマレリ社製品を提案させていただきます。

さらに、二輪レース業界でのCAN関係のトレンドリーダーである2Dデータレコーディング社のリアルタイム・カリキュレート・モジュールとコントロール用CAN_Busインターフェースを持つマレリ社のECUを用いた、ユーザーストラトジーの迅速な具現化のための提案をさせていただだくことも可能です。詳しくはお問い合わせ下さい。

また大学および高専関係の皆様に対してはユーザーによる全ての設定が可能な低価格ディーゼルエンジン用マレリECUやフォーミュラSAEで使用可能な低価格ECUなどの販売も可能です。燃料と進角のセッティングについてもご相談に乗ります。なおフォーミュラSAE用ECUは現在スチューデントサポートを実施中なので詳しくは弊方までメールまたは電話にてご連絡下さい。