Raycraft racing service

2011年7月26日

最近のレイクラフト

ちょっとご無沙汰しておりました。

というのも、このところレースやテスト続きでほとんど旅回り状態だったので、コラムのアップが滞っておりました。

前回のコラムで紹介したBanditの鈴鹿FUN&RUNのレースの時も直前まで全日本のもてぎテストで、その後、速攻鈴鹿に行き、またまたとんぼ返りで今度は全日本のもてぎレースが7月の1週目の週末。 1日おいて、7月5日から鈴鹿入りし、今度は6日、7日と鈴鹿8耐の公開テスト、そしてその翌週の12、13、15日は、またまた鈴鹿合同テストで、ようやく厚木に戻ってきました。

今シーズンの全日本ロードレースのメインのサポートチームはこちら。

 EVA_Deguchi

”エヴァRT初号機トリックスターFRTR”です。

全日本の初戦となった5月の鈴鹿2&4では、初号機の出口修選手に加え、弐号機で芹沢太麻樹選手も参戦したので2台体制! 結果は、新型ZX-10Rで、事実上のワークスであるチームグリーンの柳川選手を凌いで、初号機の出口選手が7位、弐号機の芹沢選手が6位という幸先の良い成績を修めることができました。

詳しいレースレポートなどはこちら↓のチームサイトをご覧下さい。   http://www.trickstar-racing.com/

さらに鈴鹿8耐は ↓ のメンバーで参戦。 かなり濃い~メンツです。

eva_riders.jpg

というわけで、耐久に向けたテストは結構大変でした。

バイク2台にライダー3名が次々に乗り換えてテスト、ロガーのデータを管理するだけでも大仕事。正直脳ミソ溶けました。ホント。おまけに暑かったしね・・・

そして、このオヤジライダーたち、コメントが厳しいーっ !!!

ライダー三人三様に、エンブレのフィーリングやTCの効き具合に細かな要求が続き、エンジンセッティングも大仕事。

でもやっぱりオヤジライダー恐るべし。 感覚の鋭さ、限られた時間の中でのセッティングの詰め方、さすがです。勉強になります。

決戦はいよいよ今週末。

TSR,ヨシムラ、HARC の鉄壁のワークス系チームに、プライベートチームがどこまで食い下がれるか! チャレンジです。