PAGETOP

データロガー・汎用ECUの販売、レーシングマシンの計測、エンジンのマネージメントシステムの開発請負、レースのコンサルティング

Raycraft racing service

HOME > News > マイクロテック社の正規ディーラーとなり、製品の取り扱いを開始しました

Column

2009年9月21日

マイクロテック社の正規ディーラーとなり、製品の取り扱いを開始しました

このたびレイクラフト・レーシングサービスではイタリアのマイクロテック社の正規ディーラーとなり、製品の取り扱いを開始いたしました。

マイクロテック社は、往年のアプリリアGPワークスライダーである社長のロリス・レッジャーニ氏と彼の ワ ークスライダー時代のアプリリアのエンジニアで、現在はマイクロテック社の社長兼エンジニアであるニーノ・バンディエラ氏が1997年に設立した会社で、バンディエラ氏の10年にわたるアプリリアのレーシング部門でのエレクトロニクスに関する開発経験を元に、レース用マネージメントシステムの開発・製造をはじめとし、自動車用インパネ、インバーター、UPS、CDIユニットなどのハイテク工業用エレクトロニクス製品を製造しています。

マイクロテック社は、その卓越した開発能力と、ユニークなアイディア、顧客の要望への対応力の速さから、ヨーロッパではアプリリア、KTM、AGUSTAなどのメーカーの車両開発の試作段階でのECUの開発を担当することが多く、量産車両にもそのECUは数多く採用されています。

また、レースの分野では、GPクラスのアプリリア、KTMの125cc、250ccにそのECUが搭載されています。

« »