PAGETOP

データロガー・汎用ECUの販売、レーシングマシンの計測、エンジンのマネージメントシステムの開発請負、レースのコンサルティング

Raycraft racing service

HOME > Column > ODA米

Column

2010年5月29日

ODA米

最近、ODA米を購入している。

ODA米 10Kg

ODAといっても政府開発援助のことではなく、ST600クラスでエスパルスドリームレーシングチームから全日本ロードレース選手権に参戦している小田茂昇選手に関係するお米なので、これは”オダマイ”と発音するのが正しい。

彼は、レース活動の傍ら地元長野で米作りをしている。”はぜ掛け、天日干し”にこだわったお米だそうで、いつもおいしいお米を探している私にとっては触手が伸びないはずがない。  しかし、私がODA米を買う理由はこれだけではない。

レースの活動資金やスポンサー獲得の一助として、自分が丹精込めて作ったお米を販売するというそのアイディアが気に入ったからだ。

プライベーターが仕事をしながらレース活動を続けることはそう簡単なことではない。レースは本当にお金がかかる。かといって、スポンサー獲得も同様に容易なことではない。

一般的にパーソナルスポンサーの獲得には、チームやライダーの名入りTシャツの販売やステッカの貼付などのオーソドックスな手法はあるが、スポンサーにとってのフィードバックという点では訴求点が甘い感じがする。一方、お米という具体的な品物が得られるというフィードバックはスポンサーにとっては結構満足度は高い。

(と、えらそうなことを言ってしまったが、実は私の購入しているのは、レース活動寄付金込みのスペシャルラベルを貼った支援米の方ではなく、通常のODA米なので彼のレースのスポンサードにはなっていない・・・)

いすれにしても、少しでも多くのライダーやチームに長くレース活動を続けて欲しいという気持ちに変わりはない。

ところで、ODA米はマジでおいしい。炊き上がったときのごはんのツヤが違う気がする。

炊きたてです。

興味のある方は↓こちらのサイトへどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/mosyo73/e/b52b74d0c236d27acb6106df8627f291

« »