PAGETOP

データロガー・汎用ECUの販売、レーシングマシンの計測、エンジンのマネージメントシステムの開発請負、レースのコンサルティング

Raycraft racing service

HOME > Column > GSX-R1000 + MecTronik MKE7 奇跡の1日に最良のセッティング。《走行テスト編その2》

Column

2020年7月4日

GSX-R1000 + MecTronik MKE7 奇跡の1日に最良のセッティング。《走行テスト編その2》

お題が長くなりすぎて申し訳ございません。再び登場のネコラムです。

初めからワカルちゃん登場という無理矢理な展開。

 

さて翌朝、準備万端でAP(オートポリス)へGO!となりましたが、阿蘇の外輪山はすでに雨と薄めの霧でかなり怪しい雰囲気。ゲート前に付いたら案の定、霧、霧、そして霧!

雨なら走れるけれど霧はダメです。どうしようか悩んでいると地元の二人(荒瀬氏、秋吉氏)が究極の決断。

「よし!SPA直へ行こう。」

躊躇なく、いやちょっとギャンブルではあったかもしれませんが大分のSPA直入へ行き先変更。

梅雨の時期にゲリラ的に九州でのテストを計画したレイクラフトのテスト部隊もこの機を逃すわけにはいきません。

到着すると、SPA直入も小雨で路面はウェット。

 

とりあえず車両を降ろしピットを設営します。

すると、徐々に天気は回復し、午後には完全ドライの路面でテスト走行できるようになりました。

まさに奇跡です!

とりあえずコースを確認。ライダーは秋吉耕佑選手。

ストレートスピードも申し分ありません。

 

今日の本題はTC(トラクションコントロール)のセッティングなので、走行時間をフルに活用して、TCのターゲットの設定、介入の度合いなどをライダーのコメントを聞き、データで確認しながら細かくセットアップしてゆきます。

夕方4時の最終走行枠までフルに活用して、最適なTCやエンジンブレーキのベースセットアップが完成しました。

見事に天候が回復した青空のもと、GSX-R1000の快調なエンジンサウンドが! あっ、ちょっと風の音がうるさくてTCの音がわかりづらいかも~(撮影の腕を嘆くわたくし)

でも、奇跡の1日で最良のセッティングが出来ました。

 

 

これで終わらないところが、レイクラフトのネコラムです。

次回はTCのセッティングに付いてテクニカルな面からのアプローチでコラムを予定しております。

あと何回寝たらアップできるでしょうか。どうぞお楽しみに~。

«