PAGETOP

データロガー・汎用ECUの販売、レーシングマシンの計測、エンジンのマネージメントシステムの開発請負、レースのコンサルティング

Raycraft racing service

HOME > Column > M232R New Software (モタード編)

Column

2011年4月18日

M232R New Software (モタード編)

dscf0003.JPG

M232Rのソフトウエアがアップデートされました。それに伴い以下の

エンジンにもM232Rは対応することが可能になりました。

Aprilia RXV450/550 SXV450/550   KTM RC8 RC8R

HONDA CRF250/450 & RC45/NR  YAMAHA T-MAX

SUZUKI RMZ250/450

KAWASAKI KXF250/450/NewZX10R

HONDA / SUZUKI / KSAWAKI のモトクロッサーに関してはモトクロス

ユースであればマイクロテックでは専用のプラグアンドプレーのバッテリーレス

対応のECUがあります。(M222-->CRF用、M206-->RMZ/KXF用)

しかしながらモタード用途であればM232Rの方がいろいろな路面に対応が可能

でありセッティングの自由度が大きく広がります。

例えばターマックとグラベルが混在するコースでは全く異なるセッティングが可能

である。トラクションコントロールやA/Fフィードバックに関しても全く異なるターゲ

ットを設定できる。これはあまり知られていない話であるが、オフロードの世界では

海外メーカーに関してはECUの制御内容はワークスECUとキットECUでは大きく

異なることが知られています。このことを考えれば国内に関しても同様ではないだ

ろうか。国内にはモタードに関してはワークスチームはないかもしれないがトップ

クラスになればなるほどECUの能力差が出るはずである。

国内ではまだECUに細かな仕事させることによるアドバンテージを得ようとする動き

がないことは少しもったいない気がする。例えばトラクションコントロールを例にする

と一般的な見方はモタード=テールスライドでありトラクションコントロールは無関係

と考えている個人やチームが多いがトラクションコントロールとはスライドを止める

機能ではなく、スライドを適正値にコントロールするというものである。

このことを考えればモタード競技でもトップカテゴリーチームはもっと新しいことに

チャレンジしてもおもしろいのではないだろうか。今回のソフトウエアアップデートで

Apriliaのモタード車両にも対応したのでぜひ全日本レベルのモタード車両を作っ

てほしい。興味のあるチームはレイクラフトに連絡願います。国産車/輸入車に関

係なくECU/ロガーに関しての協力ができると思います。

« »